モグニャン 下痢

モグニャンを食べて愛猫が下痢に!? 口コミから原因と対策を考える

モグニャンは、猫の健康を一番に考えて作られているプレミアムなキャットフード。

猫が消化しやすい白身魚を筆頭に、サツマイモやエンドウ豆、ひよこ豆などに加え、サーモンオイルやアルファルファ、クランベリーなど、とにかく猫の体に優しいものばかりを原料として採用しています。

お値段はやや高いものの「愛猫の健康には変えられない!」とモグニャンを選ぶ飼い主さんは増えているよう。

 

猫の健康を考えるなら、ぜひモグニャンを選んでほしいところですが…、

フードを切り替えるときに一番心配なのは、「愛猫の体にそのフードが合うかどうか」ということですよね。

フード切り替え時によく陥るのが、「下痢」です。

 

モグニャンを購入して試してみたという口コミの中にも、

  • モグニャンに変えたとたん、下痢をしてしまった
  • 数匹いる猫のうち2匹がモグニャンで下痢になってしまった

など、せっかくモグニャンに変えたのに、「下痢をしてしまって困っている」というものがあります。

 

せっかく体に良いフードでも、下痢をしてしまっては食べさせることができません。

そこで今回は、「モグニャンを食べて下痢になってしまった」という口コミから、猫が下痢になる原因と対策を考えていきたいと思います。

モグニャンだから下痢になったのか、それともモグニャン以外でも下痢になってしまう可能性があったのか、本記事を読めばわかるはず!

「モグニャン下痢」に関係する口コミをチェック!

モグニャン 下痢

それではまず、「モグニャン 下痢」に関係する口コミをチェックしてみたいと思います。

悪い口コミ

体調が悪かった猫のためにフードチェンジしたのに下痢に…

11歳:オス(ミックス)
年齢のせいか、ここ最近ずっと体調不良だったうちの猫。
フードを食べてもよく吐いたり、下痢をしたりが続いていました。
モグニャンは原材料にもこだわり、獣医師推奨ということなので、療法食がわりになるかと思い、思い切ってフードチェンジすることに。
でもダメ!
モグニャンに変えたその日から、下痢や嘔吐が酷くなり、食欲もなくなってしまい、動物病院のお世話になることに…。
結局、病院で処方された療法食でどうにか体調も落ち着きました。
モグニャンはこんなに高いのに、まったくダメでした。

良い原材料でもアレルギー?

3歳:メス(ミックス)
今までチキンメインのフードを食べさせてきましたが、食物アレルギーを発症。
皮膚にかゆみが出るようになりました。
たぶんチキンがダメなんだろうと思い、魚メインのフードを探していました。
魚メインのフードの中でも、原材料がとても良さそうなのでモグニャンにチェンジすることにしました。
モグニャンにはオメガ3脂肪酸などアレルギーに良いとされる成分も含まれています。
期待してフードチェンジしたものの、ダメでした。
うちの場合、徐々にフードチェンジするわけにいかないので、いきなり変えたのもいけなかったのかもしれませんが、皮膚のかゆみはおさまらず、下痢を併発。
良い原材料を使ったフードでもアレルギーが起こるんですね。

数匹いるうちの2匹ほどが下痢になってしまった

年齢は不明のものが多い:オス・メス(いずれもミックス)
保護猫活動をしていて、数匹の猫を多頭飼育しています。
モグニャンは、モグニャンを食べさせているという方からご厚意でいただき、試してみることにしました。
かなり美味しいようで、多くの猫ががっついていましたが、うち2匹ほどが下痢になってしまいました。
フードチェンジをする際にはゆっくりと…が基本ですが、モグニャンは成分がとても良さそうなのでつい1日目でオールチェンジしてしまい…、それが原因かもしれません。
幸い、下痢は数日で落ち着きましたので、その2匹にはもとのフードで様子を見ようと思います。

良い口コミ

ゆっくりフードチェンジで下痢も嘔吐もなし!

5歳:オス(ミックス)
うちの子…けっこう甘やかして育てたせいか、定期的にフードを変えないと飽きてなかなか食べてくれなくなります。
モグニャンも「定期購入のほうが安いのにな~」と思いながら、そういう理由ですので、1回限りの購入ということでこちらを利用させていただきました。
以前のフードが余っていますので、そちらに少しずつ混ぜる形でゆっくり2週間ほどかけてフードチェンジしました。
だいたいフードチェンジするときは毎回このやり方で、下痢や嘔吐も起きません。
モグニャンも大丈夫でしたよ。
ただ、モグニャンのほうが美味しいようで、以前のフードを残しがちになって困りました(汗)
そして…、モグニャンでもやっぱり食いつきの良さは最初だけ…。
また、何かほかのものを探さないと~。大変です。

激安フードからチェンジで良いうんちに

1歳:メス(ミックス)
0歳のころはペットショップで勧められたロイヤルカナンを食べさせていましたが、「ちょっと高いよな」と思い、近所のスーパーで買える激安フードに。
一応ちゃんとゆっくりフードチェンジしたんですが、体に合わなかったのか、軟便に…。
猫好きの友人に相談したところ、フードの大切さを力説され、モグニャンを紹介されました。
モグニャンの口コミでも「下痢になった」というものを見ていたので、心配だったんですが、大丈夫でした!
少しずつ軟便が改善され、コロコロと良いうんちが出てくれたので一安心です。
友人の猫は、モグニャンを4年ほど続けているそうですが、病気にもならず元気いっぱい。
毛ヅヤも良く、下痢知らずだそう。
うちもフードにはお金をかけることにしました。

最初からコレと決めていました♪

5ヵ月:オス(ミックス)
ご近所で生まれたミックスの猫をもらってきて飼い始めました。
ずっと猫を飼いたくて、念願の初猫です!
飼う前から「フードはどれがいいかな?」と探し、モグニャンにすることに。
やはり決め手は原材料の良さですね。
あと、赤ちゃん期から成猫にいたるまでずっと同じフードを使い続けられるというのも難しくなくていいですね。
フードチェンジすると、下痢や嘔吐などに困ることもあるようなので…。
うちは今のところ、下痢も嘔吐もなく、順調に体重も増えてくれています。

口コミまとめ

グレインフリーで猫のおなかにとても優しいモグニャン。

でも、やはり中にはモグニャンを食べたことによって下痢をしてしまう猫ちゃんも本当にいるようです。

「モグニャンで下痢をした」という悪い口コミをチェックしてみると、どうもフードの切り替え方に共通点があるよう。

また、モグニャンでアレルギーが起こったという例もありました。

逆に「モグニャンにして良かった」という口コミでは、フードチェンジする際にじっくり時間をかけていたり、赤ちゃんのころからモグニャンを使っていたりするようでした。

【原因&対策】モグニャンで下痢を起こさないために

モグニャン 下痢

それではここからは、モグニャンで下痢を起こさないために、原因と対策を考えていきましょう。

フードチェンジはゆっくり時間をかけて

「モグニャンを食べて下痢を起こしてしまう」という口コミをチェックしてみると、やはりフードチェンジのやり方に問題がある場合が多いようです。

フードを新しい銘柄に変えるときは、10日程度かけてゆっくりと変換していくのが理想。

1日目は前のフード9にモグニャン1の割合で与えます。

それで異常がなければ、2日目に前のフード8、モグニャン2の割合に。

猫ちゃんの体に変化がないかよく観察して、その調子で徐々にモグニャン10、前のフード0の割合までもっていきます。

もし途中で軟便などの症状が出るようなら、いったん前のフードの割合を増やすようにして調整を。

順調にいけば、10日でフード移行完了ですが、猫ちゃんの体調に合わせて進めるなら2週間程度かかる場合もあります。

 

実は、フードチェンジ時に下痢や軟便になるのは、どんなプレミアムフードでも同じです。

キャットフードの大手メーカーであるロイヤルカナンやピュリナ ワンなどの口コミをチェックしても、フードチェンジに失敗した方が「下痢をした」と書き込んでいます。

飼い主さんは、猫の胃腸の繊細さをよく理解し、愛猫の胃腸に負担にならないよう、配慮してあげましょう。

モグニャンでもアレルギーのリスクはゼロではない!

モグニャンの原材料をチェックすると、他のキャットフードとの違いに驚く方が多いようです。

モグニャンは香料や着色料など、猫の体にとって無駄なものは一切含まず、また猫の消化機能に負担をかけるような原材料も一切使われていません。

そのため「モグニャンなら、どんな猫にも大丈夫なはず」と勘違いしてしまう方もいらっしゃるよう。

特にアレルギーに悩まれている飼い主さんは「モグニャンならアレルギーのうちの猫も大丈夫なのでは?」と期待される方が多いよう。

 

もちろん、モグニャンは他のフードに比べれば、アレルギー発症リスクは低め。

アレルギーが起こりにくいとされる白身魚を主要なタンパク源としており、アレルギーをおさえると言われているオメガ3脂肪酸も含んでいます。

その他、消化し辛いグレインも含まず、サツマイモやひよこ豆やエンドウ豆など消化にやさしい材料を使用。

ただし、これらがすべての猫にアレルギーを起こさないのかというと、答えはノーです。

 

タンパク質を含む食材ならどんな食材でもアレルゲンとなる可能性はあります。

ゆえに、白身魚がアレルゲンとなることもあれば、エンドウ豆やひよこ豆のタンパク質に反応してしまう可能性もあるということです。

アレルギーを起こした場合、皮膚のかゆみだけでなく、嘔吐や下痢といった症状が出ることもあります。

もし、モグニャンを適切な方法で与えても下痢が起こった場合は、モグニャンの中の何らかの原材料がアレルゲンとなっているのかもしれません。

その場合は、残念ですがすぐに使用を中止し、動物病院でアレルギーの診断を受けてください。

食物アレルギーの猫ちゃんには、アレルギー用の療法食があります。

 

まとめ:モグニャンで下痢を起こす確率は低め

今回は、モグニャンで下痢を起こしてしまったという口コミを参考にして、その原因や対策を検証してみました。

原材料をみると、モグニャンで下痢を起こす確率は非常に低いと思えます。

ただし、やはり猫によって「合う」「合わない」はあります。

フードチェンジを行う際には、少量から始め、ゆっくりとモグニャンに慣れさせていきましょう。

関連記事一覧